スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)

 「いつまで続くのか」。チリ巨大地震に伴う津波が日本列島に押し寄せた28日、約50万人に避難指示が出された。時間の経過とともに上昇する津波の高さと恐怖心。避難民の脳裏には、多数の犠牲者が出た50年前のチリ地震津波の記憶もよみがえる。各地で選挙の投開票や野球のオープン戦、各種イベントも延期・中止に。沿岸住民は津波への警戒と不安の中、日曜日を過ごした。

 「満潮と干潮が交互に来たような感じで、短時間のうちに水位が上下した」

 午後3時49分に1・2メートルの津波を観測した岩手県久慈市の久慈港。市漁協の男性職員(49)は津波が押し寄せてきた状況を興奮気味に語った。

 漁協には朝から20人以上が詰め掛け、所属する漁船は津波に備えて沖合に避難した。職員は「船とは無線で連絡を取ったが、被害がないようでよかった」とほっとした表情を浮かべた。

 一方、宮城県気仙沼市の気仙沼漁港では午後4時ごろ、津波が岸壁を乗り越え、同市魚市場の一部が冠水した。同魚市場管理事務所によると、市場の向かいの道路まで約40メートル海水が押し寄せ、40代の男性職員は「みるみるうちに潮位が上がり、一気に波が押し寄せた。初めて見る光景だった」と話した。

 大津波警報は28日夜、津波警報に切り替わり、津波への警戒は弱まった。ただ、避難した人の中には、50年前の“苦い記憶”を口にする人もいた。

 40センチの津波を観測した岩手県大船渡市。家族と大船渡小学校体育館に避難してきた清水一造さん(88)は、昭和35年に太平洋岸を襲い、死者・行方不明者142人を出したチリ地震津波を経験していた。

 「当時、営んでいた旅館で宿泊客を避難させようと2階の天井板を引きはがして屋根の上に出たが、家ごと流された。近くの家に引っかかる形で止まり、九死に一生を得たが、やはり津波は怖い」。半世紀を経ての津波への恐怖に声を落とした。

 岩手県や宮城県の湾内では、津波で名産のカキやホタテの養殖イカダのロープが切れるなど、漁業被害が出始めた。

 宮城県の気仙沼市災害対策本部によると、収穫期のワカメやコンブのイカダ3基が漂流。岩手県山田町では、湾内のカキ養殖イカダを固定するロープが多数切れた。

 同町大沢でカキなどを養殖する佐々木俊之さん(53)は「高台から見ると、整然と並んでいたはずのイカダが流されてばらばらになった」と表情を曇らせた。

<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
<啓朋学園寄付金流用>元理事長の上告棄却 最高裁(毎日新聞)
葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震(産経新聞)

がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)

 がんに対する正確な理解を深める「がんを知る全国フォーラムin神奈川」(毎日新聞社、神奈川新聞社、神奈川県共催、アフラック協賛)が27日、横浜市中区で開かれた。東大付属病院放射線科准教授の中川恵一さんと女優の仁科亜季子さんらが、約700人の参加者に予防策や早期治療の重要性を訴えた。

 中川さんは「日本は2人に1人ががんになる世界一のがん大国なのに、対策は後進国だ」と指摘。子宮頸(けい)がんを克服した仁科さんは「子宮頸がんはワクチン接種で予防できる。まず検診を受けて」と呼び掛けた。肺がんを乗り越えたNPO法人「がん患者団体支援機構」副理事長の三浦秀昭さんは「がんに負けない勇気を持ち、夢と希望を持って生きることが必要だ」と語った。

【関連ニュース】
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」
子宮頸がん:産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/1 「進行すると大手術に」
1月号
がんの市民講座から:/下 先端医療、特徴理解して
掲示板:「子宮頸がんは予防できる!…」ほか

「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
<弁護士>09年の懲戒処分76件 過去最多に(毎日新聞)
障害福祉従事者、7000円増=報酬改定後の平均給与−厚労省(時事通信)
違法風俗店の知られざる実態 1万7千人の“好み”をデータ管理(産経新聞)
<卒業危機>学校納付金も融資対象に 厚労省(毎日新聞)

7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)

 大阪府松原市で平成15年1月、会社員男性の自宅が放火され、妻と子供計3人が死傷した事件で、無銭飲食をしたとして神奈川県警に出頭した自称44歳のアルバイトの男が「自分が火を付けた」と話していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。府警は捜査員を派遣、男から事情を聴き、慎重に裏付け捜査を進める方針。

 火災は15年1月23日午前2時5分ごろ、松原市天美南の森岡雅明さん方で発生、木造3階建て建物延べ約80平方メートルを全焼した。焼け跡から妻の楽浪(さざなみ)さん=当時(41)=の遺体が見つかり、長女と次男も軽いやけどをした。森岡さん方では2週間後の2月6日にも不審火があった。

 男は1日午後11時20分ごろ、横浜市南区の交番に「近くの居酒屋で無銭飲食をした」と出頭。県警南署員が事情を聴いたところ、「実は大阪の方で放火もしている」と話したという。

ゲーム喫茶強盗、100万円奪う=売り上げや客の所持金、2人けが−大分(時事通信)
<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)
長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)
<堺市議会>副市長の民間起用は断念 局長2氏選任に同意(毎日新聞)
<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1〜3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)

予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)

 自民党は23日午前、衆院予算委員会の2010年度予算案の一般質疑を欠席し、審議拒否を続けた。自民党以外の野党は予算委に出席した。

 与党は、予算案の3月2日までの衆院通過を目指し、自民党が欠席しても審議を進める方針だ。

 自民党は23日午前、国会内で役員連絡会を開き、今後の国会対応などを協議した。出席者からは「審議に応じるべきだ」との声も出たが、大島幹事長はその後の記者会見で「政治とカネの疑惑にふたをし、国会ルールを党利党略で曲げる姿は大きな禍根を残す」と述べ、当面は小沢民主党幹事長らの国会招致などを求め、審議拒否を続ける考えを強調した。

 これに対し、与党3党は23日午前の国会対策委員長会談で、自民党の要求には応じない方針を確認。同党の対応にかかわらず予算案の審議を続けることでも一致した。民主党の山岡賢次国会対策委員長は会談後、記者団に「国会はほぼ正常化だと思って粛々とやっていく」と述べた。

寺島しのぶさん 台本読んだ瞬間「電気が走った」(毎日新聞)
宮崎友好
<佛教大野球部>後輩に「金貸せ」から「当たり屋」まで指示(毎日新聞)
首相動静(2月28日)(時事通信)
茶髪、ピアスなど禁止令 日本水連決定に異論相次ぐ(J-CASTニュース)

<衆院予算委>自民、審議拒否続ける(毎日新聞)

 自民党は23日午前、「政治とカネ」の問題で与党側が鳩山由紀夫首相の関係者や民主党の小沢一郎幹事長の証人喚問などを拒否していることを理由に衆院予算委員会を欠席し、審議拒否を続けた。同予算委は自民党欠席のまま一般質疑を続行した。

「この瞬間、一生忘れない」=銀熊賞トロフィー、寺島しのぶさんに−大阪(時事通信)
政調復活に慎重=前原国交相(時事通信)
漬け置きでは不十分=ソフトコンタクトはこすり洗いを−厚労省(時事通信)
普天間、複数案を地元と米側に打診か…防衛相(読売新聞)
<国民新党>参院選広島で公認候補擁立(毎日新聞)

関東地方で「春一番」 九州北部、四国、中国地方でも(産経新聞)

 気象庁は25日、関東地方と九州北部、四国、中国地方で「春一番」が吹いたと発表した。いずれも昨年より12日遅いという。

 気象庁によると、沿海州にある低気圧が発達しながら東北東へ進んだことにより、低気圧に向かって南から強い風が吹き込んだため、各地で風が強まり、気温も高くなったという。

 25日の関東各地の最大瞬間風速は、東京で14.4メートル、千葉で14.5メートル、横浜で12.8メートル。

【関連記事】
ダイエー 「ひと足お先に 春一番値下げ」2820店舗で 
今夏「北冷西暑」の可能性 気象庁が暖候期予報
濃霧の影響、羽田で欠航多数 タンカー接触事故も
桜開花予想、的中はどこ? 民間3事業者、独自に発表
鹿児島・口之島で震度3 震源はトカラ列島近海

<調査捕鯨>外交的解決で外相一致 日本とニュージーランド(毎日新聞)
ドスバラでの買い物について
消費税論議の開始反対=「景気に水」−社民、国民新(時事通信)
<北教組違法献金事件>小林議員の関与を会計担当者が否定(毎日新聞)
<長谷川等伯展>展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)

<顧問・参与>各府省庁で計187人 最多は外務省の34人(毎日新聞)

 政府は23日の閣議で、各府省庁の顧問と参与が計187人(今月12日時点)に上るとする答弁書を決定した。最多は外務省の34人だったが、国土交通省は0人で、府省庁ごとに大きなばらつきがあった。赤沢亮正衆院議員(自民)の質問主意書に答えた。

 外務省に次いで多かったのは総務省の23人で、以下は▽内閣府、防衛省17人▽文部科学省16人▽財務省、警察庁13人−−など。外務省は「専門分野が多く、国際機関の関係者や元大使など他国とのパイプを維持するために多くなった」と説明している。

 一方、1日あたりの手当が最も高いのは、内閣官房の一部ケースで5万1500円。2万円台が多く、無給のケースもあった。原口一博総務相が顧問を多数起用した総務省で支給額が最多だったのは、顧問として43日勤務した亀井久興前衆院議員(国民新党顧問)の83万8300円だった。【石川貴教】

【関連ニュース】
人事:外務省
世界コスプレサミット:SKE48と各国代表コスプレーヤーが外務省表敬訪問
世界コスプレサミット:加藤夏希が「地獄少女」コスプレで外務省訪問
スポーツ&トピックス:沖縄密約 文書現存せず 外務省廃棄か 元局長証言と矛盾
外務省が沖縄密約の文書を破棄していた可能性があると報じられた。「破棄する」を英語で?

近畿大阪銀行が150人の顧客情報を紛失(産経新聞)
<普天間移設>名護市長、「シュワブ陸上拒否」(毎日新聞)
彫刻家、雨宮淳氏が死去(産経新聞)
幹部らの会社に34億円=短期融資、破綻前半年で2.5倍−トランス社増資に関連か(時事通信)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)

県立高教諭、酒気帯びで事故=2人にけが負わせ逮捕−和歌山県警(時事通信)

 酒を飲んで車を運転し事故を起こして2人にけがを負わせたとして、和歌山県警和歌山東署は20日、自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、県立高校教諭大浦真一容疑者(28)=和歌山市弘西=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、20日午前2時5分ごろ、和歌山市上野の県道で酒気帯び状態で車を運転し作業中のロードローラーに衝突。建設作業員の男性(40)に軽傷を負わせ、さらに近くにいた建設作業員(20)にも衝突、左手首骨折の重傷を負わせた疑い。
 同署によると、容疑を認め「友達と2人で居酒屋やスナックを2、3軒はしごした」と話しているという。「工事現場に車が突っ込んできた」と別の作業員から110番があり、駆け付けた同署員が調べたところ、呼気からアルコールが検出された。 

【関連ニュース】
県教委職員を酒気帯びで逮捕=大分県警
酒気帯びで自衛官を逮捕=逃走中、車2台に追突
双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故
県職員を現行犯逮捕=酒気帯びで追突
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突

普天間移設、首相「連立維持する形の結論出す」(読売新聞)
新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
<五輪スピード>長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
PA連携の実施率は46.4%(医療介護CBニュース)

首相動静(2月15日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時38分、公邸発。「子ども手当の支給額について」に「23年度は当然予定通り、満額をやる。そのための財源も歳出削減を徹底的にやっていく」。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午前10時28分、市村浩一郎民主党衆院議員が入った。
 午前10時56分、市村氏が出た。同57分、外交評論家の岡本行夫氏が入った。
 午前11時58分、岡本氏が出た。午後0時5分、執務室を出て首相会議室へ。同6分、仙谷由人国家戦略担当相が入った。
 午後0時18分、平野博文、松井孝治正副官房長官が加わった。
 午後0時25分、菅直人副総理兼財務相が加わった。
 午後0時41分、原口一博総務相が加わった。
 午後0時49分、全員出た。同50分、首相会議室を出て執務室へ。同51分から同57分まで、松井官房副長官。
 午後1時52分から同2時47分まで、北田幹直公安調査庁長官。
 午後2時48分から同3時28分まで、ジャーナリストの田原総一朗氏。
 午後3時55分から同4時39分まで、中井洽国家公安委員長、安藤隆春警察庁長官。 午後5時35分、執務室を出て、同36分から同45分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「消費税を上げる議論について」に「消費税の議論を行うことは結構だ。4年間の間では上げないぞと、そこを守ることは菅大臣に理解してもらっています」。同46分、執務室へ。
 午後5時59分、執務室を出て、同6時1分、大会議室へ。同2分、エストニアのアンシプ首相との首脳会談開始。
 午後7時1分、アンシプ首相との首脳会談終了。同2分、大会議室を出て、同3分から同4分まで、官邸玄関で同首相を見送り。同5分、執務室へ。
 午後7時10分、執務室を出て、同11分、官邸発。同13分、公邸着。同14分、仙谷国家戦略担当相、松野頼久、松井両官房副長官、大塚耕平内閣府副大臣が入った。
 午後7時18分、鈴木寛文部科学副大臣が加わった。
 午後7時42分、松野氏が出た。
 午後8時26分、大塚、鈴木両氏が出た。
 午後8時48分、仙谷、松井両氏が出た。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

中部国際空港 開港5周年祝う式典開催 川上社長も出席(毎日新聞)
桜開花、全国的に早めか=岡山や銚子は7日の開き−3社の予想出そろう(時事通信)
温暖化基本法、環境税など盛り込みは「無理」 直嶋経産相(産経新聞)
1人当たり県民所得305万円=4年連続で増加−07年度(時事通信)
<オウム事件>新実被告の死刑確定(毎日新聞)

大麻所持容疑で高3男子を逮捕 京都府警(産経新聞)

 大麻を所持していたとして、京都府警七条署は15日、大麻取締法違反(共同所持)の疑いで、京都市左京区の私立高校3年の少年(17)を逮捕した。同署によると、「逮捕されるのは納得している」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年10月初旬、京都市山科区の駐車場で、すでに逮捕、送検されている私立大学2年の少年(19)と当時私立高校3年の少年=当時(17)=と吸引目的で大麻1グラムを所持したとしている。

 少年らは、1月に大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕された大阪府枚方市のレゲエバンド「ヤマカシ」のメンバーの男(29)から大麻を購入したと供述しているという。

「出産一時金」猶予期間の延長検討…厚労相(読売新聞)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−宮崎(時事通信)
冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)
<裁判員裁判>手錠と腰縄「ショック」 判決後会見(毎日新聞)
消費税4年間は上げず=鳩山首相(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
探偵
情報起業
競馬情報
競馬サイト
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM